Hot !

Hot !



お勧めリンク!

--年 --月--日(--) @--:--

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 07月06日(水) @22:00

男「ち●こから猫の鳴き声がする……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 20:57:14.58 ID:96D2ozQAO

男「……」

にゃー

男「!?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 20:58:44.23 ID:96D2ozQAO
男「……」

にゃーん

男「どう聞いても鳴き声の発生源は俺のちんこだ……」

男「なんなのこれ」


5 :忍法帖【Lv=25,xxxPT】:2011/07/05(火) 20:58:55.15 ID:6dFn5HHc0
想像しようもない
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:01:57.89 ID:AgYED2Vn0
なんでかニヤッとした
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:02:12.95 ID:GwMN13h40
にゃんとチン妙な…
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:02:26.77 ID:96D2ozQAO
男「とりあえず妹に電話しよう」ピピピ

妹『はい、もしもし』

男「もしもし、妹か?」

妹『何なの兄貴。なんか用なの?』

男「あのな、俺の言うことを落ち着いて聞いて欲しいんだが」

妹「何よ」

男「俺のちんこから、猫の鳴き声がするんだ」

妹「……」ブツッ

男「あっ…あいつ電話切りやがった」

にゃーん


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:03:32.12 ID:lknRYKS70
                            にゃーん
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:05:42.77 ID:96D2ozQAO
男「まぁ無理もない。俺だって妹のまんこから猫の鳴き声が聞こえたら電話切るし」

<ただいまー

男「あ、姉貴だ」

男「ちょうど良い。妹は頼りにならんし、姉貴に相談しよう」

姉「はー疲れた……」

男「おかえり姉貴」

姉「ただいま。母さんは?」

男「買い物」

姉「あっそ」

にゃー

姉「……ん?」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:08:29.43 ID:jKtfNSOK0
シュールすぎワロタ
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:08:33.22 ID:XGfKzm9S0
期待
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:11:48.13 ID:96D2ozQAO
姉「なんか今、猫の鳴き声しなかった?」

男「そのことなんだけど。姉貴にちょっと相談があるんだ」

姉「なに?」

男「姉貴、猫好きだよな?」

姉「まぁね。けどそれがどうした?」

男「もしも俺が猫飼いたいって言ったら、賛成する?」

姉「ははぁ。あんたさては、捨て猫かなんか拾ってきたね?」

男「当たらずとも遠からずなのか」

姉「ダメよ。うちは父さんが猫大嫌いじゃん」

男「そうだけど、こればかりはいかんともしがたい」

姉「意味わかんない。あんた何が言いたいの?」

にゃにゃー


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:17:06.19 ID:96D2ozQAO
姉「あ、また鳴き声した」

男「股からまた鳴き声が……」

姉「は?」

男「いや、何でもない」

姉「で? そのにゃんこはどこにいるのよ。父さん帰ってくる前に見せなさいよ」

男「それは不可能というか」

妹「ただいまー……あ、馬鹿兄貴だ」

男「おかえり、役立たずの妹よ」

妹「ねぇお姉ちゃん聞いてよ。この馬鹿兄貴、自分のちんちんから猫の鳴き声がするとか言ってんだよ?」

姉「は?」

男「実はそれが事実なんだから仕方がない」

うにゃん

男「ほらまた」

姉「何そのドヤ顔」

男「すまん」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:21:30.82 ID:96D2ozQAO
姉「え? てことは、さっきから聞こえる猫の声ってもしかして…?」

男「俺のちんこの産物です」

妹「ねぇ、二人とも何の話してんの?」

男「嘘だと思うなら、俺の股間に耳を澄ませて近づけてごらん」

姉「……妹、あんたに譲るわ」

妹「えっ? 何言ってんのお姉ちゃん」

姉「男の股間に耳を近づけて、猫の鳴き声がするか確かめるのよ」

妹「えー、絶対やだし。なんか汚いし臭そう」

男「酷い言われようだ。なぁ、マイキャットよ」

ふにゃぁ…


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:26:48.28 ID:96D2ozQAO
姉「仕方ないわね……じゃあ私がやるわよ」

男「よっ、さすが猫好き」

姉「うるさい、股間の猫ごと皮むいて三味線の材料にすんぞ」

男「……すまん、ちょっと調子乗った。じゃあ頼む」

姉「……」ソ~ッ

ゴロゴロゴロ……

姉「ぎゃああああなんか喉鳴らしてるうううううう」

男「姉貴に覗きこまれてご満悦らしいな、マイスウィートキャットは」

妹「嘘……どういう仕掛け?」

男「種も仕掛けもないんだ。あ、いや、種はあるか。子種的な意味で」

姉「し、死ね変態!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:33:43.54 ID:96D2ozQAO
妹「ねぇ、もしかしてズボンにボイスレコーダーとか仕込んでる?」

男「まさか。第一そんなことする理由がない」

姉「いや、あんたのことだから分からないわ」

妹「そうそう。兄貴って筋金入りの変態だし」

男「だからといって股間に猫を仕込むほど暇じゃないぞ」

姉「……ねぇ、妹。あんたもやってみなさいよ」

妹「えっ!? やだよ、本気で嫌!!」

姉「私じゃ分からなかったことがあんたなら分かるかもしれないでしょ!」

男「俺はどっちでもいいぞ」

姉「あんた、やらなかったら男にあの秘密バラすわよ?」

妹「うっ……あ、兄貴に秘密なんてないし」

姉「本当に? 実は夜な夜なあんたが男のパンツでオナ……」

妹「わぁーっ!! やるっ、やりますから黙ってて!!」

男(そこまで言ったらバラしたも同然だが、面白いので黙秘しよう)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:38:58.46 ID:96D2ozQAO
妹「うー……それじゃやるわよ?」

男「おう、来い」

妹「ちんちんおっ勃てんな馬鹿ぁ!!」

男「なんか知らんが、嫌がる妹に無理やりというシチュエーションに興奮した」

妹「この変態糞馬鹿兄貴……!!」

にぎゃーっ!!

妹「きゃあっ!?」

男「ふむ。どうやら股間の猫は、本体を悪く言われると怒るらしい」

姉「何なのそれ。やっぱりあんたの自由意思でやってんじゃないの?」

男「ははは、そんな馬鹿な」

妹「もうやだこの兄……」シクシク

男「泣くな妹。この謎が解けるその日まで」

姉「そりゃ泣きたくもなるわ……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:44:36.14 ID:96D2ozQAO
姉「で、あんたそれどうすんの」

男「どうするもこうするも、解決の糸口が見えない以上、共存共栄しかないかと」

妹「私は嫌よ! 股から猫の鳴き声がする家族なんて恥だもん!」

姉「恥以前の問題だけどね」

男「ううむ……しかしこれはどうしたものか。そもそもこれが何なのかすら判然としない」

姉「あんた、誰かに呪われてんじゃない?」

妹「昔変態行為をした女の子に復讐されたとか……」

男「お前らどうしても俺を変態扱いしたいみたいだな」

姉「だって……」

妹「ねぇ……?」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:50:10.27 ID:96D2ozQAO
男「しかし、これが呪いの類いだと言うなら一つ案が浮かんだぞ」

姉「なに?」

男「俺の後輩に神社の娘がいて、そういうオカルトだとか呪いだかに詳しいんだ」

妹「神社の娘でオカルトマニアって、罰当たりな組み合わせだね……」

男「そいつに相談すれば、あるいはなんとかなるかもしれん」

姉「無駄に傷口広げる可能性もあるけど……それ以外ないかなぁ」

男「よし、そうと決まれば早速行動だ。行くぞ姉貴に妹」

にゃにゃーん!

姉「なんか、股間の猫に随伴してるみたいですげぇやだ」

妹「私も……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:52:22.01 ID:oLTqbwNUO
4Pきた
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 21:57:19.56 ID:96D2ozQAO
~数分後~

男「電話したぞ」

姉「うん。で、なんて?」

男「俺が困ってると言ったら、要件も聞かずにすぐこっちへ向かうと」

妹「うわぁ……要件言ってないんだ」

姉「言ったら言ったで、拒否されそうだけど」

男「俺の股間の猫を見たら、どんな反応するだろうな!」ワクワク

姉「正確には鳴き声を聞いたら、だね」

妹「ワクワクすんな! そこのアホ垂れ!」

----ピンポ~ン

男「お? もう来たかな?」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:06:22.25 ID:96D2ozQAO
姉「早いわね。まだ電話して五分しか経ってないのに」

男「それだけ俺のことを心配してくれてるんだろう」ガチャッ

後輩「先輩っ!! 失礼するっス!!」

男「おいっす。学校で会って以来だな」

後輩「どうしたんスか!? こんな時間に私に用があるって、それも深刻な用だって……」

にゃー

男「あぁ。心霊フェチのお前にしか頼めないことなんだ……」

にゃー

後輩「まさか、身の回りで霊障でも起きてるとか……!?」

にゃー

男「それが分からないからお前を呼んだんだ。頼む、助けてくれ」

にゃーんにゃーん

妹「どうでもいいけど、猫うぜぇ」

姉「本当に。シリアスな場面が台無しだよ」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:07:52.00 ID:W7A8+F7q0
おい後輩は女なんだよな?
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:13:58.14 ID:96D2ozQAO
後輩「それで、何にそんなに困ってるんスか…?」

男「あぁ、実はこれなんだが……」

にゃおーん

後輩「……さっきから気にはなってたっスけど、この猫の鳴き声が?」

男「そうなんだ。実はこの鳴き声、俺のちんこから流れてるんだよ」

後輩「……へっ? ち、ちん……っスか?」

男「あぁ。耳を澄ませてよく聞いてごらん」

後輩「……」

うにゃ?

後輩「ほ……本当っスね」

妹「何のためらいもなく耳近づけたよ、後輩さん」

姉「抵抗、ないのかしらね?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:23:16.73 ID:96D2ozQAO
男「そっち系統に詳しいお前に聞きたい。これは呪いなのか?」

後輩「え? えーと……とりあえず、心身に他に影響は?」

男「ない。ちんこから猫の鳴き声がする以外は、全くの健康体だ」

後輩「だとしたら、呪いの線はかなり薄まると思うっスけど……」

妹「どうしてですか?」

後輩「身体的にも精神的にも害のない呪いなんて、ないからっスよ」

姉「あー、なるほどねぇ。確かに害がなければ呪いとは言わないかも」

男「いや、害ならあるぞ。今思いついた」

後輩「何っスか?」

男「これから俺がセックスする時、毎回猫の鳴き声がしては萎えること必定……」

妹「そういうのは呪いとは言わん!」スパーンッ

ふしゃぁー!

男「おいおい、突っ込みはお手柔らかに頼むぞ。股間の猫が激怒している」

姉「……なんだかなぁ」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:36:54.14 ID:96D2ozQAO
後輩「あの……呪いかどうかは定かじゃないっスけど、ついでっスからお祓いしていきましょうか?」

男「おぉ、さすがは気のきく後輩。どこかの突っ込み要員とは段違いだ」

妹「誰のことを指して言っているのかな?」

姉「まぁまぁ」

後輩「じゃあ、着替えるっスからちょっと席を外していただけるっスか?」

男「何? 着替えるだと?」

後輩「はいっス。呪いって聞いてたから、念のために巫女装束と玉串持って来てたんス」

男「ヒャッホォーイ! 巫女服万歳!」

にゃおぉ~ん!

姉「巫女服と聞いて猫がさかりのついたみたいな鳴き声になってる」

妹「呪いとかじゃなくて、兄貴の性格そのままじゃん」

男「早く! 早く!」ハッハッ

後輩「もはや猫とかどうでも良くなってるっスね……」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:40:05.77 ID:LWaq+/sw0
五分で巫女服持ってくる後輩‥‥‥
43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:40:52.51 ID:W2ZtDBeu0
なにこれ面白いんだけど
44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:40:59.05 ID:ULnVEXHNO
亀頭が猫頭になってそう
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:43:45.81 ID:aazIOyvr0
>>44
読みはキャットウだな
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:47:02.80 ID:96D2ozQAO
~さらに数分後~

後輩「準備できたっスから、入っていいっスよ~」

男「おっしゃ! 失礼します」ガチャッ

後輩「えーと、一応部屋の中も清めておきましたから、あとはお祓いするだけで……」

男「巫女服ハァハァ……ハァハァ……」

妹「あぁ、こいつどうせ説明とか聞いてないですから、早くやっちゃった方がいいですよ?」

後輩「そ、そうみたいっスね……」

姉「はぁ~、何とかならないのかねこいつは」

にゃふん

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:47:34.57 ID:W7A8+F7q0
Highslide JS
51 :精子が出ない><因縁の対決!バナナVSアワビ! ◆IpprecurezPf :2011/07/05(火) 22:48:38.17 ID:m9yoQ3iX0
>>49
ワロタ
53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:52:48.24 ID:LWaq+/sw0
>>49
儚げだね‥‥‥
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:56:24.49 ID:o0UBpA+H0
元ネタしらんがBL漫画っぽいのでチンコが喋ってる画像見た事ある
68 :忍法帖【Lv=21,xxxPT】:2011/07/05(火) 23:37:04.69 ID:oOzrlWcB0
>>54
ちんつぶ か
あれは笑った


ちんつぶ 1 (MBコミックス)
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 22:58:21.62 ID:96D2ozQAO
後輩「それじゃ、始めるっスね!」

妹「私達は出てった方がいいのかな」

姉「こいつと二人きりにさせるのは、どうにも不安だけどねぇ」

後輩「どうせなら、お二人もお祓いを受けてみては?」

妹「え? いいんですか?」

後輩「はいっス! 悪いものが取れれば、それに越したことはないっスしね」

男「それは構わんが、一つ問題がある」

後輩「何っスか?」

男「お祓いをするからには、穢れた部位をさらけ出した方がいいんだろう?」

後輩「え? いや、必ずしもそうとは限らないっスけど」

男「だが、その方がなんとなく効き目がありそうな気がするんだ」カチャカチャ

妹「ちょ、ちょっと何してんのよ!」

男「さぁ、見てくれ。俺の呪われたロンギヌスの槍を……」ポロリ

後輩「いやああああああああ!?」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:01:59.06 ID:LWaq+/sw0
ニャーーーーーーン
58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:05:15.59 ID:cYYFUEoc0
これはひどい
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:07:29.66 ID:96D2ozQAO
妹「何してんの、この露出魔!!」

姉「バカッ、早く隠しなさい!」

後輩「せ、先輩の……被ってるっス……///」

男「ふぅ……何という解放感だ。さぁ早くお祓いを」

うにゃ

妹「出来るかぁ!」

姉「ごめんね後輩ちゃん、この馬鹿すぐに締めるから……」

後輩「……いや、大丈夫っス」

男「……何?」

後輩「穢れたものに蓋をするのは巫女としてあるまじき行為っス。先輩、どうかそのままで」

妹「え、えー…?」

姉「後輩ちゃん、気を確かにもって。拒否したっていいのよ?」

後輩「いえ、ご心配なく……確かにちょっとビックリしたっスけど、それで先輩が元気になるなら……」

男「ふむ、見上げた根性だ。素晴らしいぞ後輩」

にゃあ!にゃあ!

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:16:10.69 ID:oLTqbwNUO
包茎で堂々と晒しやがった…
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:17:23.64 ID:TarGLYHqi
このスレ始まったな。いや、終わった?
63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:24:41.06 ID:96D2ozQAO
男「それじゃあ、頼むぞ後輩」

妹「いいのかな……?」

姉「本人が良いって言ってるんだし、私らには止めようがないよ」

後輩「コホン……では。天照大明神よ~、この者をことほぎ、祓いたまえ、清めたまえ~」サッ、サッ

男「ぬぅ……なんだかいざ始まると、厳粛な空気に己の姿が恥ずかしくなってくる」

妹「自業自得でしょうが、馬鹿」

姉「あんた罰として、お祓い終わるまでその格好続けなさいよ」

男「何という羞恥プレイ。だがそれが言い」

後輩「あの、皆さんお静かに……気が散るっス」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:33:11.93 ID:96D2ozQAO
男「……ん?」ピクピク

にゃ♪にゃ♪

後輩「ちょ、先輩……ち、ちん……を動かすの、止めて欲しいっス」

男「いや、これは……」ピクッ、ピクッ

妹「何よ、後輩さん嫌がってるんだから早く止めなさいよ」

男「後輩。そのお祓いに使う棒、ちょっと左右に振ってみてくれ」

後輩「え……この玉串のことっスか?」フリフリ

にゃー♪にゃおーん♪

男「やはりか……どうやら俺の股間の猫は、その棒にじゃれつきたくて堪らないらしい」ピコピコ

後輩「じゃあ、その……それがピコピコ動いてるのは?」

男「じゃれつきたい衝動を俺のちんこで現しているようだ」

姉「えぇ……あり得ねー」

にゃーん♪

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 23:48:54.23 ID:96D2ozQAO
後輩「先輩のそれがピクピク動くせいで、全く集中出来ないっス……」

男「つまり、お祓いは無理ということか。残念だ」

妹「あんたはこれ以上局部露出出来ないから残念なんでしょ」

姉「ごめんねぇ、うちの馬鹿が迷惑かけて」

後輩「いえ、これも全て自分の至らなさっス。不甲斐ないっス……」

男「そう落ち込むな、お前は良い仕事をしたぞ」

にゃっ!にゃっ!

男「おぉ、そうか。すまん後輩、俺のにゃんこがまだ遊び足りないらしいんで、その棒一晩貸してくれ」

姉「人の商売道具で遊ぶな!」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:04:35.46 ID:Tp5LvJ5+0
気付いたら脱いでた
75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:09:45.73 ID:XFttiQ0HO
後輩「あの……先輩。自分思ったんスけど」

男「なんだ?」

後輩「それって、呪いの類いじゃないってことは、新手の病気とかだったりしないっスか?」

妹「ちんちんから猫の鳴き声がする病気?」

姉「あり得ないとは思うけど……」

後輩「でも実際、先輩のアソコが意思を持って動いてる以上、その可能性も視野にいれてた方が良いと思うんス」

男「なるほどな……これは俺の予想だにしない現代の奇病かも知れないってことか」

姉「真面目な顔する前にパンツ穿けよ、馬鹿兄貴」

妹「いつまでも粗末なもんブラブラさせんな」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:14:27.64 ID:z0Nrs7dy0
まだ脱いだままかよwwwww


でも実際こうなったら毎日楽しいだろうな…

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:14:28.49 ID:IPJzRu6D0
ちんちんが当たり前にある生活
78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:15:42.64 ID:XFttiQ0HO
男「となると一度、医者にも見せておく必要があるな」

姉「つっても、もう普通の病院は診療時間終わってるわよ?」

男「いや、一人だけ心当たりがある」

男「俺の学校の先輩に医者の娘がいて、そいつならこの病気をただで見てくれるかもしれん」

妹「またそのパターン?」

男「パターンとはなんだ。俺は必死で股間のこいつを何とかしたいだけだ」フリフリ

にゃふ♪にゃふ♪

後輩「ちょ! 人の物で勝手に猫をあやさないでくださいっス!」

妹「なんか後輩さんが可哀想に思えてきた……」

姉「同じく」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:20:29.95 ID:XFttiQ0HO
鬼ほど眠いので起きたら書く

落ちても悔いはない


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 00:21:52.17 ID:c/gYVB6jO
にゃんだって?
110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/06(水) 06:03:18.62 ID:QKkL4gdI0
あさだち保守
<にゃーん





変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
さがら総
メディアファクトリー
売り上げランキング: 3631

▼ おすすめサイト様の最新記事!

TAKAMICHI SUMMER WORKS 初回限定版 (Blu-ray) 岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス) 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
ぷいぷい! [夏緑(著)/なもり(絵)] [コミック] ぷいぷい!1 [なもり(著)/夏緑(原作)] [コミック] ゆるゆり 1 [なもり(著)]
新着エントリ

黒歴史の魅力

幼女「ふぇぇ・・・とりあえずちゃんと目を見て話せよぉ・・・」

【閲覧注意】 へんな虫見つけたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 【モザ有】

ボツにしたスレタイ書いていこうずwwwwww

【拡散希望】 東京電力の電気料金がボッタクリだったことが暴露される

朝ホーホー言ってるのはなんなんだよ

一番くじのマミさんをジオラマっぽくしてみた!マミ職人の朝は早い

【イライラ注意】 執拗な嫌がらせの末、ついに母親土下座させたったwwwwwww

ボブが可愛過ぎてやばい (画像あり)

【風景】 ミクさんと山登りに行ってきたので画像UPする

【閲覧注意】 エロマンガなのに・・・チ●コ萎えちゃった笑える画像

PCゲームをやろうと思う キャラクターがかっこよくて声優が豪華でストーリーが感動するやつ教えてくれ

中国で仙女「嫦娥女」が地下鉄に降り立った模様 【画像あり】

28歳無職が日本刀で母親を切りつける → 取り押さえようとした警官の銃が暴発して警官重症

おち●ちんカタパルト射出用意!!!!

【S】 ダサかったスーパーマンのコスチュームが一新!! 股間が熱くなるな

う●このたつじん

半ヒキだけど、知らない女の人が何度もピンポン押してくる

【マジキチ】 俺のち●こに起こったことをありのままに話すぜ・・・

【閲覧注意】 テレビ四国の引きこもり少女を描いた動画が怖い

Comment!

※------------------------------------------※
スパム対策のため「http」をNGとさせて頂いております。
URLを貼り付ける場合は大変お手数ですが、
「ttp」等に変更してから書き込んでください。

倫理的に問題のある書き込みは削除される場合があります。
(まずしませんが念のため)
※------------------------------------------※

▲ TOPへ戻る

オススメ記事

新着記事

キャッシング講座
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。